6月に入りましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?


緊急事態宣言が延長となり、

日常生活では様々 厳しい制限を受けていますね…。


外食は夜8時まで。

アルコール提供への制限など・・など・・。


そんな中、

医療従事者向けにコロナウィルスクチン接種が

徐々に広がってきました。


当スタジオに通ってくださっている方の中には

ワクチン接種を終えた医療従事者がいます。


なかには「注射を打った場所が痛い!」

「肩や腕が上がりにくい!」などの症状が残る人もいます。



こういう痛み、何とかしたいですよね…。


そういうときこそ

加圧トレーニングです!



加圧トレーニングには

疼痛予防のほか疼痛を改善する働きがあることは

有名ですよね!


早速、注射後の痛みがある方へ加圧トレーニングを実践!


するとすぐに痛みが和らぎ、

腕も問題なく上がるようになりました。


ご本人も

「まさか、加圧トレーニングで痛みがこれほどまでに消えるとは想像もしてなかった!」

との事です。


当店会員のみのサポートとして施術していますので、

ワクチン接種後の痛みがある会員さんは

遠慮なくスタッフにお伝えください。


加圧トレーニングに興味があり体験したい方も対象です。

是非、お問い合わせください。


ともあれ、コロナ禍を乗り越えるためにも

加圧トレーニング、積極的ご活用くださいね!


当スタジオは「個別実施」「換気・手指消毒の励行」「体温測定」を行っていますので

コロナ時期でも安心して通っていただけるようにしていますので!


#ラダーストレッチ #ワクチン #加圧トレーニング #注射 #ファイザー #札幌 #bdash #加圧スペシャルインストラクター




1回の閲覧

手軽にダイエットに、人気のステッパー。


そんなステッパーですが、使ったことがない方からすると、なぜダイエットに効くのか、分からないことだらけですよね。


では、ステッパーの効果についてお伝えしていきます


ステッパーとは、器具の上に立ち、左右交互に足踏みを行うことで、手軽に下半身を鍛えることができるフィットネスグッズです。


有酸素運動となるステッパーには、同じ有酸素運動のウォーキング以上に高いダイエット効果があります。



具体的に言うと、ウォーキングの

1時間あたりのカロリー消費量は、ステッパーにはウォーキングの1.5〜2倍のダイエット効果があるのです


ステッパーは、どの程度の頻度で、そしてどのぐらいの期間行えば、効果が見込めるのでしょうか?


加圧ベルトなしでは週4回以上、1日あたりの時間は最低でも30分は必要で、出来れば40分以上行うことが望ましいといわれています。


加圧ベルトを装着する加圧有酸素では、同じ運動での効果は5倍と言われていますので、週1回、30分のトレーニングで効果がでるということになります。


そして正しいストレッチも大切ですね。



ダイエットを考えている方は、加圧スタジオBDASHの加圧有酸素の体験はいかがでしょうか?

20回の閲覧
  • 社長

肩こりと加圧トレーニングについて

肩こりは、肩周辺の筋が緊張(収縮)した状態が続き、血流が悪くなることで生じることがほとんどです。筋の緊張が起きる部位や原因は人によって異なります。


例えば、パソコン作業などで首が前に出る悪い姿勢が多い人は、僧帽筋が緊張しやすく、首の横~肩口にかけてこりを感じやすくなります。


また、猫背など肩甲骨が離れた悪い姿勢が多い人は、菱形筋が伸びたまま硬くなることを起こしやすく、肩甲骨の内側あたりにこりを感じやすくなります。

肩こりのメカニズムは同じですが、姿勢や動きのくせなど人によって肩こりの原因は異なります。


このように加圧ベルトをし軽い徒手抵抗を加え、肩をすくめるように肩を持ち上げます。筋を収縮させたら脱力をして肩を下ろします。

呼吸は肩を上げるときに吸って、脱力するときに「フ~ッ」と吐くようにします。


肩回りの筋肉を収縮、弛緩を繰り返し血流を促すことで、肩こりの症状改善となります。

肩こり以外に加圧ベルトを装着して運動を行うことになり、血液量も増えてきます。血流量が増えると全身の血流が良くなり、体の隅々にまで血液が行き渡ります。


その結果、細胞に運ばれる酸素の量が増え新陳代謝が活発になるのです。


すなわち肩こり改善と同時に肩こりしない体に代わっていくのです。


身体に慢性疼痛がある方は、是非加圧トレーニングをお勧めします。


#加圧トレーニング #加圧スタジオBDASH #加圧スペシャルインストラクター #血流改善 #酸素量 #肩こり改善 #疼痛改善 #新陳代謝アップ #kaatsu_specialist #kaatsu_treaning

16回の閲覧